敦賀気比高校&附属中学校にてトーク&ライブをさせていただきました♪

いつもありがとうございます。

10月4日、5日、8日の3日に分けて
敦賀気比高校のみなさんと、付属中学校のみなさんに
トーク&ライブをさせていただきました!

コロナ感染症のこともあったので
約20ヶ月ぶりのライブ!

とっても嬉しくワクワクしながらも、
やはり対策はしっかりと行いました!

=====

・学年ごとに分けたライブにすることで密を回避
・ライブ中は一途以外全員マスク
・くま&みっこは飛沫予防シートをマイクに装着
・体育館の窓は可能な限り開ける
・一途は2回のワクチン接種と抗原検査クリア
・ソーシャルディスタンスを守る

=====

そして今回は学年ごとに少しだけ
セットリストを変えました。

*2年生…
命を歌にして/Revolution/君の明日へ

*3年生…
ウチが希望をなくさなかった理由/Revolution/君の明日へ

*1年生&中学生
そのままでいて/Revolution/咲き始めた花

ライブ中は、スクリーンに映し出されるイラスト動画や
歌詞を眺めながら、みんな真剣に聞いてくれていました。


秋に入ったとはいえ、なかなか暑い日だったのですが、
みんな制服を着崩していないことに驚きでした。えらい〜!

それに、2回目、3回目と体育館に入るたびに
体育の授業中のみんなが
「どんちゃーん!」「くまちゃーん!」「みっこちゃーん!」
と親しみいっぱいに呼びかけてくれたり(嬉し!)、

大きな声で
「こんにちは!」
と挨拶をしてくれたり、

みんな朗らかでとっても清々しい気持ちにさせてもらえました♪

やはり文武両道をを目指している学校とあって、
お勉強はもちろんですが、
スポーツマンシップにのっとった精神が
この礼儀正しさを生んでいるのかなあと思いました。

ライブが終わると、
学年ごとに代表の子が挨拶をしてくれたのですが、
3人ともが、自分の思いを、自分の言葉で
堂々と伝えてくれたのにも感動しました!


最終日のライブが終わった日は、
父母と教師の会会長よりご挨拶をいただいたのですが、
子どもたちの前で、貴重な体験をお話してくださいました。

ご自身が「死のうかな」と思ったときのお話です。

人生には、いい波のとき、悪い波のときがあるけれど、
どうしようもないときは、ひたすら待つ、耐えることも
選択肢の一つであることを教えてくださいました。

体験談はやはり説得力があり、
体育館中が静まり返って、全員が真剣に聞きました。

ありがとうございました。

そして父母と教師の会の皆様にも
大変お世話になりました!

搬入、撤収だけに止まらず、
常にたくさんの飲み物をご用意くださったり、

帰りの車中で食べるおにぎりやサンドイッチ、
冷たい飲み物にスイーツまで。。。

美味しさもその心配りも体に染み渡りました〜♡

きっと、子どもたちはこのお家の人に
ご飯をいっぱい食べさせてもらって、
おもいっきり勉強に部活動に励み、
仲間達と全力で毎日を過ごしているのだろうなと思いました。
素敵〜〜^^

またいつか、みんなに会える日がくるといいなと思います!

お招きくださった父母と教師の会のみなさま、
先生方、心より御礼申し上げます。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です